旅館・ホテル

星野リゾート青森屋 特別室『うんかん』に宿泊体験記2019※青森県三沢市

更新日:

初めて青森県に行ってきました!

ゴールデンウイークって長すぎるので、子供と毎日近所の公園とかに行くのもネタ切れ感があるので、どこかにはいこうかなと思っていたところ青森県の星野リゾート青森屋が気になったので予約しました。

香川県から青森屋に行くには高松空港から羽田空港まで飛行機で行って、また次に羽田空港から三沢空港まで飛行機で行く感じです。

どちらも飛行時間1時間程度ですが、待ち時間など含めると半日ぐらいかかる感じです。

三沢空港から青森屋までは大きなバスで無料で送迎してくれます。着くと馬がいました。

で、青森屋で宿泊したお部屋は青森屋のお部屋の中で一番広いタイプの「うんかん」にしました。ホテルで言うスイートルームみたいな感じですえ。

広さは85㎡なのでかなり広々としています。

リビング、

寝室、

公式サイトでははっきり確認できなかったのですが、リビングと寝室の間は障子のような扉で完全に分けることができます。

なので、子供を先に寝室の方で寝かせで親はリビングでちょっとゆっくりお酒でもっていうのでも大丈夫です。

寝室のベッドとベッドの間ですが、ライトが置かれているだけなので、ライトをのけてくっつけることができます。

ベッドの感じの高さもないので、小さな子供を寝かせるのも安心して寝かせることができます。

息子は昼寝も広々と心地よさそうに寝てました(^_^)

あと、ヒバという木で出来ている浴槽もいい感じでした。匂いが落ち着く感じですね。

浴槽自体もかなり広いので広々と入ることができます。

息子は着いてすぐに服を脱いで入ろうとしてました・・・。

星野リゾート青森屋の「うんかん」はかなり快適な部屋でしたよ。

『丸山広樹+LINE@』はこちら↓↓
友だち追加

-旅館・ホテル
-

Copyright© 丸山広樹+メモ【2020年最新】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.