映画・ドラマ

映画ユリゴコロのフル動画をHuluで見た!2週間無料で見れるよ。

投稿日:

Huluにあった映画ユリゴコロのフル動画を見ました。

原作者が沼田まほかるさんの作品のようです。

まあ、沼田まほかるさんを知らなかったですが。

沼田まほかるさんの経歴

大阪府の寺に生まれる。

1985年4月より大阪文学学校昼間部に学び、在籍中には小説作品(40枚)で大阪文学学校賞も受賞した。若くして結婚し主婦をするが、堺の母方祖父の跡継ぎを頼まれ、夫がその住職となる。

その後離婚、得度して自身が僧侶となる。40代半ばで知人と建設コンサルタント会社を創設するが10年ほどで倒産する。

50代で初めて書いた長編『九月が永遠に続けば』で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞し、56歳で遅咲きのデビューを果たす。デビュー以降も作品を発表し続けるも書評家には評価されながらヒットにはつながらなかった。

しかし2012年、『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされると既存の文庫が一気に売れ出し、『九月が永遠に続けば』の文庫版は半年で60万部が増刷された。その他、『彼女がその名を知らない鳥たち』、『猫鳴り』、『アミダサマ』の文庫計4冊で発行部数は120万部を超える。

湊かなえや真梨幸子らとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の女王とも呼ばれる。

引用:ウィキペディア

ウィキペディアによるとこのような経歴のようです。56歳でデビューって確かに遅咲きかもしれませんね。

僧侶になったり建設コンサルタント会社を設立したり、小説家になったりと、結構波乱万丈な感じですね。

で、このユリゴコロの簡単なあらすじとして、松坂桃李さん演じる亮介が実家で父親の書斎の押し入れにしまわれていた、4冊の「ユリゴコロ」というノートを見つけることから始まります。

吉高由里子さん演じる美紗子がユリゴコロと呼ばれるものを求めて殺人を犯していくという内容のノートです。

そのノートを徐々に読み進めていって、美紗子が誰なのか?などの秘密に迫っていく物語になります。

映画ユリゴコロを見終わって、爽快に終わるというものではないので、何か胸に突っかかるものもありましたが、次がどうなるのか?っていうのをドキドキしながら見ることができて楽しかったです!

殺人者が誰で、あの時の人がここでつながって・・・・。みたいな感じでドキドキさせられる映画でしたよ。

このまま幸せに過ごしていけるのかなーっていうところで、次の問題とか過去の問題が浮き上がってきて・・・。

読んだ後に嫌な後味が残るミステリーというイヤミスっていうのは確かにそうだなという感じがします。

SNSでの感想

『丸山広樹+LINE@』はこちら↓↓
友だち追加

-映画・ドラマ
-

Copyright© 丸山広樹+メモ【2020年最新】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.